2005年05月06日

茶壺(中国茶をいれるための小さな急須)は古くから茶壺工芸の歴史で世界的に有名な宜興窯で一つ一つ手作りされています。


かをり茶器セット
中国茶の香りを深く堪能するために作られた縦長の聞香杯。ストレスを溜めがちな方にこそ香りでリラックスするひとときを持って欲しい、そんな気持ちを贈ります。◆熨斗/包装無料対応◆送料無料◆淹れ方説明書付


posted by ベビーブーマーもの語り部 at 23:18| Comment(0) | TrackBack(1) | 団塊な趣味モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック


Excerpt: 茶壺茶壺(ちゃつぼ)とは、石臼で擂りつぶす前の抹茶、すなわち碾茶(葉茶)を保管するために用いられる陶器製の壺(葉茶壺)である。古くは抹茶を入れる茶入を小壺と呼んだことに対して大壺とも称された。歴史現在..
Weblog: 工芸について説明いろいろ
Tracked: 2007-10-12 14:14
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。